育毛剤と発毛剤の違いを知って混同しないように気をつけよう

育毛剤の成分
薄毛が気になってきた時に、真っ先に注目するのが育毛剤です。薬局や薬店で覗いてみても、イマイチ育毛剤の商品ごとの違いが分からず、何となく気分で購入してしまう人が少なくありません。

中には育毛剤と発毛剤が全く異なるものであると知らずに購入して、かえって抜け毛を増やしてしまっている人もいるくらいです。

育毛剤は髪の毛が育つ素地を作るもの

育毛剤として多数販売されている商品は、医薬品と医薬部外品に分かれていますが、大半が医薬部外品の製品です。

頭皮の血行を促進して血流増加を促して、毛母細胞から強く太い髪の毛を生やすことを目指しています。

しかも、育毛剤は一見すると同じに見えてしまいがちですが、現在の頭皮が抱えている問題を改善する方向性で作られているので、現在の頭皮の状態に合わせて選ばなければなりません。

具体的には、皮脂量過多ならば皮脂抑制タイプの育毛剤が必要となり、毛が細く頼りない状態ならば毛母細胞を活性化させる成分が含まれた育毛剤が必要です。

他にも男性ホルモン抑制タイプや頭皮の血行促進タイプなど様々な育毛剤が開発されており、薄毛に悩む人の多さが良く分かります。

発毛剤は発毛自体を促すものであって育毛効果は無い

育毛剤と間違えられやすい発毛剤は、育毛剤としての成分を含んでいる製品がありますが、あくまでも血行促進や毛母細胞活性化程度に過ぎません。

発毛剤は、新たに毛母細胞から発毛させることに特化した医薬品であって、医薬部外品では無いからです。このため、発毛剤を使用した上で得られた発毛効果は、育毛剤でじっくり育てるといった後からのサポートが必要になります。

発毛剤をいきなり単体で使用しても、抜け毛に繋がった時点で努力が水の泡となってしまうので、発毛した髪の毛が太くしっかり育つように工夫する必要があるわけです。

頭皮の状態をしっかり認識した上で、発毛剤の成果を毎日確認して自分で髪の毛を育てることが大切です。

発毛剤はあくまでも発毛に特化した医薬品だと認識して置く必要があります。